僕も同意見です。 – 昨日まで[ひとりっ子]だった僕にいきなり7人の姉ができた!!母親が再婚した先はなんと7姉妹のお家!しかもみんな美人揃いときている!今まで母親以外の女性とほとんど接した事が無い僕は当然童貞!!部屋で隙だらけの姉の姿を見ては勃起の毎日! 2

投稿者: | 2021年2月5日

昨日まで[ひとりっ子]だった僕にいきなり7人の姉ができた!!母親が再婚した先はなんと7姉妹のお家!しかもみんな美人揃いときている!今まで母親以外の女性とほとんど接した事が無い僕は当然童貞!!部屋で隙だらけの姉の姿を見ては勃起の毎日! 2

母親が再婚。

しかも相手方には美人の娘が7人も。

急に出来た7人もの姉は童貞の僕にはたまらないほど無防備で毎日が興奮の連続です。

そんな勃起続きの僕にも7人の姉たちは優しくエッチに接してきてくれます。

こんな毎日でチ○ポの休まるヒマがないぐらいです。

「昨日まで[ひとりっ子]だった僕にいきなり7人の姉ができた!!母親が再婚した先はなんと7姉妹のお家!しかもみんな美人揃いときている!今まで母親以外の女性とほとんど接した事が無い僕は当然童貞!!部屋で隙だらけの姉の姿を見ては勃起の毎日! 2」の本編動画はこちらから

美人姉妹とどうやったら,××できるのかが楽しみだったのに…。

いきなり美人姉妹ができたら,きっとどきどきするだろうな。

しかも童貞ときたら…美人姉妹と童貞弟がどうやったら,××できるのか…を楽しみに観ていたのですが,童貞弟を馬鹿にした感じでちょっかいをかけたり,急に襲ってみたり…展開が不自然でした。

ちょっとした恥じらいや気持ちのやりとりから徐々に高まるものがみられたらよかったのにと思いました。

そして,あと途中からは姉妹と童貞弟のSEXを観ていた他の姉妹が,その欲求不満を童貞弟にぶつけるという展開がマンネリになっていました。

また,童貞だったのに途中からは慣れた感じでSEXしていたり,終わり方が尻つぼみだったり,もう少しリアル感や感情移入できる内容であってほしかったです。

春原未来さんをはじめ,いい女優さんを起用しているのにもったいなかったです。

進化と退化

1発目次女みずき(春原未来)フェラ口内射精。

ほぼノーハンドフェラがエロい。

口元もエロい。

精子の匂いを嗅ぐのもエロい。

2発目七女ちより(芹沢つむぎ)正常位生中出し。

トイレの冷静なリアクションが面白い。

ロリ姉の義弟への手解きがエロい。

3発目長女はるか(羽月希)正常位生中出し。

カニ挟みで計画的生中出しはエロい。

4発目四女さやか正常位顔射。

エキゾチックな顔立ちと落ち着ける低めの声が良い。

ショーツの染みもエロい。

5発目五女かな義弟の友人と正常位顔射。

6発目三女まり正常位顔射。

7発目六女ゆか義弟の友人と正常位顔射。

射精寸前は疑似挿入。

制服姿は可愛い。

8・9発目次女(2回目)先発正常位生中出し、直後次女よりおかわり頼まれ、後発正常位顔射、お掃除あり。

長女と同じくカニ挟みで計画的生中出しと、次女のおかわりはエロい。

10・11・12発目三・五・七女(2回目)義弟の友人と五女バック尻射、七女お掃除、直後三女バック尻射、七女お掃除、続けて七女バック尻射、三・五女お掃除。

前作より生中出しが多く、綺麗な女優さんが揃ってて良い。

最後の3連続はなかなか良い。

偽汁を使うのは仕方ないとしても、あれほどバレバレだとやはり萎える。

義弟とその友人の学芸会のようなドラマパート、そもそも義弟の友人は必要なのか?良い所はバチッと合うが、イマイチな所は終始ダルダル。

星3つが妥当。

期待してたのに残念

女優さんは、羽月希、綾咲くるみ、春原未来など綺麗な人が揃っていたので期待していのしたが、淡白な絡みが多かった。

特に中盤からどうして作品のタイトルに反する絡みを入れたのかが分からない。

ひとりっ子=義理姉との近親相姦と解釈した当方が悪いのか?主人公(ひとりっ子の弟)の友人が遊びに来て、姉達とどうしてsexする必要があるの?義理の弟とする所に意味があると思ったのだが・・・春原未来さんはさすがに良い絡みをされるので、評価は普通としました。

またよくPCのエロゲーであるような、複数の女性と同時に付き合う際に、曜日ごとに会う女性(絡む女性)を分ける作品があるが今作はそれに該当し、月曜日は「この姉と」土曜は既に別の姉とするから「金曜なら大丈夫」というセリフは意外に良かった。

途中まではよかったけど・・・

最後以外まではよかったのに残念です。

○曜日のくだりがあったから、最後はありがちのパターンを期待していたけど、あんな終わりかたとは・・・

僕も同意見です。

女優さんは、羽月希、綾咲くるみ、春原未来など綺麗な人が揃っていたので期待していのしたが、淡白な絡みが多かった。

特に中盤からどうして作品のタイトルに反する絡みを入れたのかが分からない。

ひとりっ子=義理姉との近親相姦と解釈した当方が悪いのか?主人公(ひとりっ子の弟)の友人が遊びに来て、姉達とどうしてsexする必要があるの?前回のように義理の弟とする所に意味があると思ったのだが・・・春原未来さんはさすがに良い絡みをされるので、評価は普通としました。

またよくPCのエロゲーであるような、複数の女性と同時に付き合う際に、曜日ごとに会う女性(絡む女性)を分ける作品があるが今作はそれに該当し、月曜日は「この姉と」土曜は既に別の姉とするから「金曜なら大丈夫」というセリフは意外に良かった。

「昨日まで[ひとりっ子]だった僕にいきなり7人の姉ができた!!母親が再婚した先はなんと7姉妹のお家!しかもみんな美人揃いときている!今まで母親以外の女性とほとんど接した事が無い僕は当然童貞!!部屋で隙だらけの姉の姿を見ては勃起の毎日! 2」の本編動画はこちらから