【風間ゆみ】タカラ映像、最後の風間ゆみ? – おやじが性転換したら。。風間ゆみ!?

投稿者: | 2021年2月1日

おやじが性転換したら。。風間ゆみ!?

男手一つで育てた息子。

最近反抗期か避けられてしまう。

ある日、息子がAVを見ながらシコっていた。

AVは熟女モノで風間ゆみ。

もしや息子は母親を求め、母性が欲しいと!察した私は即行動に。

旅に出ると書置きして3ヶ月後。

私は家に帰った。

息子の帰りを待った。

久しぶりに対面した息子にお帰りというと、息子はあ、あの、どちら様ですかと他人行儀な返事が返ってきた。

私が、性転換して風間ゆみになった。

自分は父であり、母になった。

思いっきり甘え、深い愛情で包む事を心に誓い、息子を抱き締めたのであった。

「おやじが性転換したら。。風間ゆみ!?」の本編動画はこちらから

女優名: 風間ゆみ

風間ゆみさんの凄さに脱帽

父親と子どもの2人暮らしの家庭で、父親が突然の家出で性転換して、風間ゆみに整形して、息子と…という作品。

最初にこの作品を見た時に、風間ゆみさん演じる父親の心の染まりぷりに脱帽した。

最初の段階では男としての自我が大いに残っており、その自我と風間ゆみさんの持つ妖艶ぷりとのギャップにすごく心を惹かれた。

ある事を契機に自我が女性のものとなり、その中の性欲の強さと、妖艶ぷりが合わさって、すっかり父親という事でさえも忘れてしまうという、風間ゆみさんの凄さに大いに興奮した。

最後まで目が離せない一作だと強く感じた。

「あり」と言えば、「あり」だけど・・・

父親が息子のために整形手術で女になる、という女体化の新しいパターンではある。

ただし、確信的に女体化しているので、エロい意味での、戸惑いや恥じらいが欠落してしまっているのは残念。

逆に息子の方が、もと父親と交わることへの戸惑いや抵抗を感じている描写。

(タカラ映像的なドラマ作品としては正しい流れだと思いますが、女体化作品としての楽しみとは違っているかな、と少し物足りないです)風間ゆみさんは、別メーカーで入れ替わり作品も経験済みなので、安心感(あるいは既視感)がある。

でも、少し豊満すぎるボディには賛否が分かれそうな気も?もし次回作があるなら、タカラ映像的ドラマを女体化エロに特化してほしい。

(他メーカーに出来ない、濃厚な物語が見てみたいです)

タカラ映像、最後の風間ゆみ?

初期時代から出演していた、タカラ映像作品も、このドラマで出演最後なのかな?マドンナ専属となると!近親相姦、不倫もの、マッサージもの、など、ジャンルが固定されて、かえって、ゆみさんの演技の良さがさらにさらに、マンネリになる。

1メーカー集中で売れ行きはあがるだろうが、なぜか、風間ゆみも、もう終わりかな、と残念な気持ちになる。

なんせ、月に1作品しか制作されなければ、ゆみさんの演技と、体力、ボディの維持はかえって、大変になるだろう。

よって、この作品はある意味貴重な作品になるだろうね。

「おやじが性転換したら。。風間ゆみ!?」の本編動画はこちらから