【鈴木麻奈美】いい加減にしてほしい – 忍道凌●淫戯 鈴木麻奈美

投稿者: | 2021年2月5日

忍道凌●淫戯 鈴木麻奈美

忍道心華流15代家元、竜胆忍は平和な世に忍びの力は不要と、14代家元と共に技の全てと陽玉と隠玉を封印した。

しかし、それを良く思わない幻斎は隠玉を奪い謀反を起こす。

幻斎を成敗する為、忍は立ち向かうのだが…。

「忍道凌●淫戯 鈴木麻奈美」の本編動画はこちらから

女優名: 鈴木麻奈美

意図は伝わるが・・・

芯のしっかりした忍者が淫に堕ちるこれをエロ重視で撮った作品。

けどインパクトが物凄くない、と私は感じました。

それぞれのシーンにもっと重みを持たせたり、軽めにしたりとわびさびを丁寧に高低していけば、もう少し興奮したかなと思います。

格好だけの気が。。

鈴木まなみさんはくの一役に適役な方ですし、コスもいけているのですが、如何せんアタッカーズお得意のネチッコサ皆無のセックスシーンの連続でつまらなさが倍増してしまっています。

忍者コスだけ良くても駄作はあるのだという事がよく判る作品です。

忍者モノとしては×

最後の辺りで麻奈美が逆転して二人の敵を倒し、姉(里見瑤子)を助け出すのかなと予想しながら見てたが、全くの捻りもない展開で拍子抜けでした。

中途半端に現代設定にしたのが足かせになったか。

鈴木麻奈美は超美人です。

何も考えずに普通に鈴木麻奈美のAV作品として見た方がいいです。

鈴木麻奈美は凄すぎる美人です。

一見の価値あります。

女優○、コス○、ふんどし△

一言で評価を言うと上記の通り。

鈴木麻奈美は美しく、コスが凝っていてくノ一らしさが出ており、からみもそれなりに充実。

現代くノ一物に過剰な期待はしないので、アクションなしのチープな作りは想定範囲内だった。

しかしながら、くノ一たる者ケツに食い込ませているはずのふんどしがユルユルなのだ!男優がからみのシーンで解きやすくするための配慮だと思うが、これは非常に遺憾。

女ふんどしというのは細幅のさらし布を思い切りケツの割れ目に食い込ませてアソコを締めつけなきゃ!そうすることで肛門と性器への圧迫感を意識し、女優も色っぽい演技が出来ると思うのだが・・・。

監督の六会研氏はアタの名作を送り出した名脚本家なのだから、女ふんどしのエロスに対する理解も今後深めて欲しいと切に願う。

あと特典映像がないのも残念。

長谷川監督のくノ一物のように鈴木さんにふんどし締め上げながらインタビューして欲しかった。

いい加減にしてほしい

またもやイケメン男優の連発ですねこのメーカーは。

もー何も分かっていないメーカー。

時代劇、とりわけくノ一ものは悪代官(老人)vsくノ一にしないと全く面白くない。

あと日本のエロ時代劇は拷問か挿入シーンばかりであっさりすぎてつまらない。

もっと前戯的な舐めを取り入れて欲しい。

本格的プロ緊縛師による徹底的な縛りも取り入れて欲しい。

マングリ縛り+クンニ希望!こんな作品では皆の夢は叶えられない。

「忍道凌●淫戯 鈴木麻奈美」の本編動画はこちらから