【春矢つばさ(椎名りく), 葵あげは】椎名りく目当てで見ました – 南の国から 椎名りく

投稿者: | 2021年1月9日

南の国から 椎名りく

心温まる父の後押しと、老いた父親を支える若く献身的な女性・あげはの存在もあり上京したみどり。

1年後、生まれ育った故郷に戻った彼女を待っていたのは、温かな大自然とは裏腹に、冷酷無慈悲な現実だった…。

何も分からないまま、歪んだ復讐劇の餌食にされたみどりの心と身体は、名も無き男たちの汗と刺激によって蝕まれていく…。

「南の国から 椎名りく」の本編動画はこちらから

女優名: 春矢つばさ(椎名りく), 葵あげは

見事な方言指導

山を映すあたり、熊本周辺を舞台として意識していると思われるが、九州弁の演技が素晴らしかった。

役者出身の清水大敬はもちろん、椎名りくの意外とも思えるドラマシーンの演技力は驚いた!九州出身の自分が聞いても違和感のない方言での台詞回しだった。

カラミも椎名りく作品らしく激しいレ●プだが、惜しむらくは男優の尻や結合部のアップが多い。

場面によっては画面全体がモザイクという事も…惜しいが、りくの演技にはとにかく驚いた!

苦労人の父と~

~健気な娘の物語という、情緒豊かな物語が導入部となっています。

りくちゃんの表情が、とても可愛く撮られています。

突然の悲劇の罠が炸裂した途端、狡猾な終わり泣きレ●プが開始され、りくちゃんが激しく責め立てられます。

今回のりくちゃんはリアルでポイント高いです~!~。

椎名りく目当てで見ました

よかったです男の絡みはちょっと痛々しいのでアレですが・・・。

「南の国から 椎名りく」の本編動画はこちらから